知っておいて損はない 法人カードの審査や発行に係る基準とは

法人カード発行会社が掲げる審査の基準とは

審査における基準値

法人カードを持つには、あなたが利用したい法人カードの発行会社に利用申請をする必要があります。
そして、審査基準に問題なければ晴れて法人カードを持つことができます。

 

この審査ですが、基準について明確に発表している法人カード発行会社は実はありません。

 

業歴・社員数・資本金等と、審査基準が明確に書いてあれば対処方法はいくらでも浮かびます。
しかし審査基準が明記されていない以上、対処方法は法人カード発行会社のみが知るものとなります

 

そこで、法人カードの審査が通った方の結果と口コミから逆算し、審査基準について考えます。
発行会社が審査で何を見ているのか、その基準を理解し、あなたの選べる法人カードの選択肢を広げましょう!

 

 

 

 

 

審査基準は、あなたの”ココ”を見ています

基準が難しい審査

 

法人カードは、審査基準を満たさないと作れません。

 

では、この審査で法人カードの発行会社は何を見ているのか。
その説明をする前に、まずは法人カードの審査に通った方々の話を訊いてみましょう!

 

彼らに話を訊いてみたところ、色々な意見が出ましたが、多くの方々がに共通していたことが1つありました。
それは、会社の設立年数が3年以上であることです。

 

なぜ3年以上なのかは、審査基準がブラックボックスの話なので明確なことは分かりません。
しかし、恐らくは「あなたが信用できる人間か」を判断する基準が設立3年以上の会社に繋がるのだと思われます。

 

法人カードを使うということは、あなたと法人カード発行会社の間にお金の貸し借りが生まれます。
この貸し借りを行える人物かを判断するため、法人カードの審査は行われる訳ですが、その目安が3年と言われているのでしょう。

 

実際には、法人カードの審査に設立1年目でも通ったという話も聞きます。なので、必ずしも3年以上でないと通らないという訳でもないそうです。

【参照】法人カードの審査基準とは?通るためにすべきこと、対策とは!

 

 

 

 

 

信用を得ることが何よりも大切

審査では信用が基準に影響

法人カード発行会社からの信頼が得られたら、審査基準に近づき、通る確率は上がります。
さっそく、設立3年の他にもある信頼の得方について以下の5ポイントを解説します。

  1. 2年間の黒字経営
  2. オフィスを持つ
  3. 固定電話の設置
  4. Webサイトを開設
  5. 申請書類の書き方

 

 

 

2年間の黒字経営

3年以上の経営をしていても赤字であっては意味がありません。
そこで2年間の黒字である証明が大切になります。
黒字であれば返済方法があることを法人カード発行会社に知ることができ、審査基準に近づけます。

 

 

オフィスを持つ

最近ではバーチャルオフィスという事務所を持たない会社もあります。
しかしオフィスを持たない会社は、法人カード発行会社にとっては悪徳業者かも知れないという疑問が拭いきれません。
そのため、審査基準に届きたいのであれば正式なオフィスを持つ方が信用性が高まるのです。

 

 

固定電話の設置

最近は携帯電話で済ます会社もありますが、会社に置く専用の固定電話を用意しましょう。
固定電話を置くことで、会社に常駐する社員がいるということが法人カード発行会社は分かります。
また、申請書類には固定電話の有無を聞かれる箇所があるので、空欄にしないため設置は重要です。

 

 

Webサイトを開設

会社のWebサイトを設立します。
会社概要や申請書類にもない情報を記載することで、法人カード発行会社により自社の情報を提供できます。
手間はかかりますが外注も可能ですし、簡単なサイトであれば1〜2日で作成も可能です。

 

 

申請書類の書き方

申請書類の書き方も審査基準に近づくための大事なポイント!
ここで注意するのは以下の2点。

  1. 空欄を作らないこと
  2. 誰が見ても読める文字であること

申請書類とは、法人カード発行会社にとって申請者の知りたい項目を記載しているものです。
それを空欄で提出してしまっては情報の提供をおろそかにすることになり、信用度を落とします。

 

記入した文字が読めないのもNG行為です。
情報を提供できていないことと同じであり、また文字一つ綺麗に書けない人に信用は抱きません。
とても綺麗とまでいかなくても、丁寧に記入するのが審査基準に届くための近道です。

 

 

 

 

 

法人カードの審査に通るためのまとめ

審査まとめ。基準について

法人カードの審査基準に近づくためには、以上の5項目と設立についての計6項目を守れば信用度は高まります。
今一度確認して見ましょう。

  1. 設立期間について
  2. 黒字期間について
  3. オフィスの準備
  4. 固定電話の準備
  5. Webサイトの準備
  6. 申請書類の書き方

この中ですぐに実践できるのはB〜Eの項目です。
@とAは後回しにしても、B〜Eの項目をおこなうことで、落ちる確率は減ることでしょう。

 

審査の詳細はこちら


ホーム RSS購読 サイトマップ